読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百均食を肴に酒が飲みたい

百円ショップ(以下百均)、好きだ。なぜなら大体100円で物が買えるから。


f:id:shokaki_2:20170129001325j:plain
いろいろ売ってる


それで、考えた。


百均でおつまみを揃えたらコスパ最強なのでは?


そんなわけでダイソーに駆け込んだ。
f:id:shokaki_2:20170129002243j:plain
ちょっとテンション上がった


買ってきたのはこの二品。勝手なイメージだが、なぜか競馬場を想起させる。
f:id:shokaki_2:20170129003152j:plain
食欲をそそらない


・メンマ(メンマが好きだから)
・焼き鳥 塩味(タレにすればよかった)
では実際に開けていこう。


焼き鳥はどんな具合なんだろうか。そういえば、缶詰の焼き鳥って初めて食べる気がする。
f:id:shokaki_2:20170129003641j:plain
パカ


なんか、思ったのと違うものが出てきた。ゼリーみたいなのがいっぱいある。私が知らないだけで焼き鳥缶ってこういうものなのか。


メンマも皿に開けて完成だ!
f:id:shokaki_2:20170130191239j:plain
なんだこの光景は


彩りゼロの空間が生まれてしまった。「大地」かと思った。しかし大切なのは味だ。酒に合えば何でも良い。


やっぱりビール。アサヒで一杯やることにした。
f:id:shokaki_2:20170129003548j:plain
これだけでおいしそう


いただきます。ちなみに深夜2時にこれをやっている。私はなにをしているんだろうか。


まずは焼き鳥から。「焼き」の要素が見当たらなくもはや「鳥」なのでは、とか考えたが細かいことは良い。温かいほうが良いだろうと思い、レンジでチンした。
f:id:shokaki_2:20170130210757j:plain
見た目悪化してないか


控えめの味付けが気になるが、悪くはない!しかし、一体これは焼き鳥なんだろうか・・・私は何を食べているのか。脳が混乱する。


次はメンマへ。あの独特の風味が好きなのだが、どうだろうか・・・
f:id:shokaki_2:20170201001027j:plain


風味がすごい。強すぎるくらいかもしれない。「メンマでっせ~!!!」と殴られているよう。途中で軽く洗って豆板醤と粉末だしとごま油で和えたらいい感じになった。ごま油は偉大。


肝心の「酒に合うか」だが、実際のところf:id:shokaki_2:20170210024854j:plain
おいしい


結構いける。特にメンマが濃い味なので、ビールののどごしにマッチしている。味付けしてるし。


飲んでしまう。ああ、酔っぱらってしまう。明日も早いのに・・・


そんな人に朗報。シメに味噌汁もご用意しておいた。これも百均。
f:id:shokaki_2:20170210025037j:plain
これも百均


染み入るおいしさだ。ねぎの風味がたまらない。
f:id:shokaki_2:20170210025102j:plain


どうだろうか。百均は意外な穴場かもしれない。今回買ったものの他にもカニの缶詰だったり、あたりめだったり酒のアテになりそうな食べ物がたくさんあったので、またやってみたいと思う。



エビの殻。さようなら。

猫写真

 

猫写真をまとめるだけ。今まで特段好きでなかったのに、ここ2年間くらいでやたら猫のことが気になるようになってきた。

 

f:id:shokaki_2:20170204213310j:image

祖父の家の近くにいた猫。祖父はやたら動物を飼う人で、犬や鳥や金魚、孔雀も飼っていた記憶がある。

 

 

f:id:shokaki_2:20170204213323j:image

 海岸の近くにいた。ポテトチップスをあげたらおそるおそる食べた。

 

 

f:id:shokaki_2:20170204213335j:image

公園にいた猫。お尻を触られるのが好きらしく、やたら近づいてくる。

 

 

f:id:shokaki_2:20170204213358j:image 

全く逃げない。

 

 

f:id:shokaki_2:20170204213412j:image

ある美容室の外にいた。

 

 

f:id:shokaki_2:20170204213429j:image

猫好きが興じて猫カフェに行ってみた時のやつ。面白い模様

 

 

f:id:shokaki_2:20170204213448j:image

よく見かける。まだ子猫らしく、鳴き声が高い。

 

 

f:id:shokaki_2:20170204213505j:image

昼時に猫はよく見つかる気がする。

 

 

f:id:shokaki_2:20170204213523j:image

 

 

f:id:shokaki_2:20170204213535j:image

この二枚は同じやつだ。よく同じ場所にいる。

 

 

猫は良い。

手帳も多分辛かろう

荷物を盗まれてしまった。携帯以外。

 

ついこないだの話だ。私は自宅へ帰るために、JR山手線恵比寿駅から東京方面の電車に乗り込んだ。その日は用事があり夜通し起きていたので寝不足。かなり疲れていた。案の定電車に乗ってすぐに眠ってしまった。

起きると驚いた。「あ」と声が出た。目的の東京駅はとうに通り過ぎ、ほとんど一週してしまっていた。あ、やってしまったなと思ったが、そのまま電車に揺られ東京駅に着くのを待った。 

荷物が無くなった事に気付いたのはこの後だ。細かい説明をするが自分は殆どの場合、荷物を網棚に置いている。床に荷物を触れさせたく無いという中途半端な潔癖なのだが、これが良くなかったらしい。自分の近くに立っていた3人組の男たちが、次の駅が目的地なのか、私が荷物を置いたであろう場所の網棚から上着を取り着始めた。

 

あれ?そこ自分が荷物置いてなかったか?普通人の荷物の上に上着を置くだろうか……。とか思い上を見上げると、荷物は無かった。

ん?

本当に意味が分からなかったので、しばらくは辺りをキョロキョロしてしまった。間違いなく周りからは変な人だと思われただろう。どうしたらよいか分からず、とりあえず何もせずに家まで帰ってしまった。

どうでも良いことだが、ほとんど全てを盗まれて手ぶらの状態で東京駅の雑踏を歩くのは、誰も頼れる人のいない、さながら映画『ターミナル』の主人公のようだった(帰れたが)。「そりゃ納得いかんのぉ」とか言っておけば良かったが、そんな余裕は無かった。

 

それからはJRに窓口に何回も電話をかけた。朝は繋がりにくい。繋がっても、返ってくるのは「該当する荷物はないですね」の返事のみ。

ちなみに携帯以外、とはリュックで、中には運転免許証、定期券、財布、PC、イヤホン、手帳など……と、思い出すだけで気持ちが暗くなってくる。どんよりだ。警察にも届け出をしたが、どうなんだろうか。望みは薄いだろうと勝手に思っている。 

 

そして、何より辛いのは金銭の入った財布を盗まれることより、パソコンを盗まれたことより、手帳を盗まれてしまったことだ。

手帳には、個人的に記している日記が今年の1月1日を初めにもう20日分ほど書いてある。殺してくれ。顔も分からない誰かが自分の内部の一部でも伺い知ったと思うと、鋭くて堅い石で頭をかち割ってしまいたい気持ちになる。メチャ恥ずかしいというやつだ。

手帳のことを考えると夜も眠れない。届け先も書いてあるのに、どうして戻ってこないのか。書き込まない手帳など、もはや手帳ではない……なので、手帳だけでも返してほしい。それが出来なければせめて手帳は読まないでほしい。あとiPodのカメラロールも見ないでほしい。ついでにPCも返してくれ。

 

かくして、私の証明書を再発行しまくる生活が始まった。運転免許証などのカードを一気に無くすのはかなり面倒で、なかなかうんざりする。が、自分を証明するものが無いのはなかなかにアウトローな気もする。

電車に乗るときは是非気をつけて欲しい。網棚に荷物を置かないのと、山手線を一周するくらい爆睡しないことがなによりの対策になる。

f:id:shokaki_2:20170123225532j:image

今年一番の悲しい出来事をもう体験してしまったような気がする。もうこれ以上は無いと願いたい。最後に、恵比寿にあるビルの駐車場に貼られていた良い感じの貼紙の写真を載せて終わりにする。「人面ネズミ殿」て。さようなら。

 

ひたすら交換をしよう

ポケモン、ハマっている。

 f:id:shokaki_2:20170119110111j:image

おっと。これは細木数子だった。細木数子ポケモンとは何の関係もない。ましてポケモンでもない。ポケモントレーナーでない皆さんも、細木数子ポケモンではないことだけは留意していただきたい(少し難しいかもしれないが)。

f:id:shokaki_2:20170119112112j:image

年末に買った細木数……ポケモンムーンにかなりのめり込み、ものの20時間足らずで殿堂入りしてしまった。もっとゆっくりやれば良かったと少し後悔している。

今回は新しい要素が沢山追加され、クリア後もいくらでも楽しめるような作りになっていた。単純にすごい、と何度も感心している。

 

その中でも私が今一番楽しんでいるのは、そう、ミラクル交換だ。

ミラクル交換とは、インターネットを通じて世界中のプレイヤーとポケモンをランダムで交換できる機能だ。誰からどんなポケモンが送られてくるのかは、交換が完了するまで分からない。

これ自体は新しい要素ではないが、色々なポケモンが流れて来る上、海外のプレイヤーともやり取りできる。小規模の国際交流と言ってもいいかも知れない(違ったら言ってください)。

 

さてこのミラクル交換、レアなポケモンって手に入るんだろうか。少し気になった。という訳で、今回はボックス丸々1つ分をミラクル交換で交換してみた。また時間帯により送られて来るポケモンに違いがあるのかも調べてみることにした。ちなみに、昼〜夜の時間帯は避けた。なぜならキッズが多くてつまらなそうだからだ

 

1回目 AM8:00〜

1回目のミラクル交換。朝起きてすぐ、寝ぼけながらもせこせこと作業し続けた。ちなみに交換前のボックスはこんな感じ。

f:id:shokaki_2:20170119111721j:image

交換される側の気持ちも考えてみると、コラッタコイキングばっかり相手に渡すのは何だか少し申し訳無い気になってくる。

交換中にチラリと中身が見える瞬間があるので、あくまでそこは見ないように努める。

 

ボックス1つ分交換した結果がこれだ!

f:id:shokaki_2:20170119111758j:image

 

簡単にまとめる。

・アブリー

・アマカジ

・イワンコ

エアームド

・オドリドリ

オニスズメ

・カラカラ

・ガーディ

・ケーシィ

コイキング

・コイル

・シズクモ

・ダグドリオ(アローラ)

・タマタマ

ドーブル

ニョロモ

・ヒドイデ

フカマル

・ミミッキュ ×2

メタング

・メレシー

モクロー ×2

・ヤトウモリ

・ヤングース ×2

・リオル

・ロコン(アローラ) ×2

 

 こうなった。ミラクル交換は相手から何が送られてくるか分からないので、やはり大事なポケモンは交換に出さないのだろう思った。なおヤトウモリは色違いかつポケルスというかなりレアな状態異常になっており、怪しさMAXだった。ミミッキュが送られてきた時は「おっ」となり、少し嬉しくなった(なぜ)。

ちなみに、交換相手の国の内訳は

ENG 19

SPA 3

GER 1

ITA 1

JPN 6

となった。これは特定の国を完全に表しているわけでは無いと思うので参考程度に考えるべきだが、圧倒的英語圏の多さ。グローバル。あと、スペインの人がポケモンをプレイしているのは意外だった。

 

 

 2回目 AM3:00〜

2回目。2回目は時間帯を深夜に変更した。「日本が深夜なら海の向こうは昼間。ということは……」などと考えた結果だ。期待できる、と思う。交換前のボックスはこうだ。 

f:id:shokaki_2:20170118234951j:image

一面のコラッタ。ひたすらにスライドパッドをグルグル回して孵した努力の賜物だ。そういえばこの遊び、かなりポケモンボックスが埋まってしまう。逃すのも辛いのでどうしたものかと悩む。コラッタたち、頼んだぞ。

 

そして再び交換した結果がこれだ!

f:id:shokaki_2:20170119111914j:image

 

アシマリ

・アブリー

イーブイ

エアームド

エモンガ

・カリキリ

キバニア

キャモメ ×2

・ケーシィ

コイキング ×3

コラッタ(アローラ) ×2

ゴルバット

ナックラー

ニャース(アローラ)

ニョロボン

ニョロモ

ヒトツキ

ピチュー

ペリッパー

・ポリゴン

・マケンカニ

・メレシー

モンメン

ヨーテリー

レディアン

 

こうなった。なかなかミラクル交換では見かけない(と思う)ポケモンを受け取って驚いた。ポリゴンが手に入ったのは意外だし、ニョロボンを交換に出した人はどんな心境でこんな深夜にポケモンをインターネットに漂流させたのか。あとはやっぱり孵化させたポケモンの余り(不要分)を交換に出しているみたいだ。

ちなみに、こちらの国別の内訳は

ENG 17 

FRA 6

SPA 2

GER 2

CHT(台湾) 1

JPN 2

だった。さすが深夜、圧倒的海外ポケモンの多さ。海外産のポケモンが欲しければ日本人の活動時間外にやれ。

 

いかがだっただろうか。どこから何が送られてくるか分からないのはくじを引いているような感覚で楽しい。ポケモントレーナーの皆さんも、ポケモンバトルに疲れたらやってみてはどうだろうか(おそらくやっているだろうが)。

またコイキング一匹をひたすら交換に出して、 最終的に伝説のポケモンにさせるというポケモンわらしべ長者的な事も考えたが、今回交換をしてみて絶望的に成功出来る可能性が低く、地獄になりかねないので流石にやめた。

 

また今年は色々なことをして、行ってみて、文を認めたいと思う。2017年の走り出しが遅くなってしまったが、今年もよろしくお願いします。

年末

堀口です。

2016年も残すところあと数時間となった。一人で紅白やガキ使を見ている皆さん、いかがお過ごしだろうか。

年末になると考えずにいられなくなる事がある。来年のことである。至極当たり前だが。「来年はこんな風になりたいな」とか、「来年はこうしよう」とか考えて、目標を立てたりする。

こんな時に立てた目標は大抵達成出来なかったりする。一年は長いからだ。一年ってやたらある。12ヶ月もある。過ごしていくうちに体は変わり、嗜好は変わり、そして精神も変わる。年始に立てた目標なんて、邪魔な足枷にしかならなくなる。そして、無自覚のうちに一年は終わる。来年の目標なんて立てるだけムダなのだ。

……

予防線を十分に張ったところで、来年の目標をとりあえず書いておこう。どうせ、達成出来ないのだから大きめにしよう。堀口煮干の2017年の目標は、だいたいこんな感じ。

・年収50億越え

レコード大賞受賞

・ガキ使出演

・ブログ50000000000000PV

以上が2017年のうちに達成しておきたいことだ。これらは一見とても困難なように感じる。だが、下3つは50億円あればなんとかなる。50億円儲かることがキーポイントだ。

実際的には2017年は今まで以上に(可能な範囲で)アクティブに生きていきたいと思う。意識していないと何もしないから。イベントなどにも参加したい。また、今年書いたブログの記事を読み返してみるとメチャクチャな内容が多い。反省を活かし来年はもう少し構成を考えて読める形にしていきたい。

まずは50億円を儲けるための作戦を練ろうと思う。不特定多数のみなさん、来年もよろしくどうぞ。

そういえば、

f:id:shokaki_2:20161231211919j:image

昨日ついに届きました。年末年始、これしかしない未来が見えている。

良いお年を。

2016年よく聴いた楽曲をまとめた 2巡目

堀口です。

クリスマスという一つの大きな国民的(?)行事が終わり、途端に世は年の瀬に向かいつつある様子だ。

自分はというと、師走の終盤にも関わらず部屋は散らかりっぱなし、やるべきことは後回しで見ないふりをしているという始末。これはいかん。

完全にダラけきってしまった自分に喝を入れるように記事を書くことにした。今年はこれを含め、あと二つ描こう。河童の最後っ屁のような内容になることは否めない。

本記事は以前にもやった「お気に入りの音楽紹介」である。また同じ内容かよ、と思うだろうが個人的にはなかなか思いを込めて作成している。ほとんどエゴ。

一年を振り返ろうと思った時に、音楽というのはなかなか適していると思う。写真を見て「ああ、あんなこともあったな」と思うように、音楽を聴いて改めて思い出されることもある。今回も、2016年を音楽とともになんとなく振り返ろうと思う。

 

1.多分、風。-サカナクション

サカナクション / 多分、風。 - YouTube

 サカナクション12枚目のシングル曲。もともと8月に発売される予定だったのが、制作に納得がいかなかったらしく延期になった。昨年の夏頃から作り始めたというから、その難産ぶりが伺える。彼らは音楽に対し「真面目すぎる」という程に誠実で、メンバー(主にVo./Gtの山口一郎)のtwitterSNSを見ると制作に追われ悩んでいる様子がよく見られる。個人的には数年前から好きなバンドで、思い入れもある。また別記事でまとめようと思う。

 

2.Don't Move-METAFIVE

https://youtu.be/7LBUEYGfisQ

2014年に一夜限りで結成されたバンドが2015年にMETAFIVEとして活動し始めた。このバンドは何よりメンバーがすごい。簡単に書いていくと、元YMOフリッパーズギター電気グルーヴなどとそうそうたる顔ぶれ。アルバム「META」はこの曲から始まる。最近発表された「Musical Chairs」も良いのでチェックしてみてほしい。

METAFIVE 「Musical Chairs」 - YouTube

 

3.closer-The Chainsmokers

 The Chainsmokers - Closer (Lyric) ft. Halsey - YouTube

今年7月リリース。長くメインにあったアップテンポなEDMから離れたスローな曲。この曲に対して本人達はtwitter

と言っている。簡単に訳すと「この曲は元カノとヤったあとになんで別れたのか思い出すってことを歌ってるんだ」。……それはさておき、曲自体はどことなく夏の終わりや郷愁の念を感じさせるサウンドで構成されている。

 

4.しんしんしん-はっぴいえんど

突然時代を遡ってしまったが今年はよくこの曲を聴いた。簡単な反復の中で曲が進んでいく。民謡のようだとも感じるし、何より細野晴臣の声が「いいな〜」となる。この曲をモチーフに映画も作られているらしい。

 

5.Sex On The Beach-Spankers

SPANKERS "Sex On The Beach" (official video) - YouTube

めちゃめちゃバカっぽいけど、聴いてると何もかもバカらしくなって楽しくなってくるので聴いてみて欲しい。夏はこれによく助けられた。

 

どうだろうか。最後まで書いて気付いたのだが、一記事に何曲も書くと一つ一つの内容が薄くなってしまい、結局何が良いんだか分からなくなってしまう。これでは伝わる魅力も伝わらないだろう。もし今後このような内容を扱うことがあればなんとかしたい。

皆さんも、2016年はどんな音楽と一年を過ごしたのか考えてみてはどうだろうか。なにか人におすすめしたくなるような曲があったら、ぜひ教えてほしい。

 

f:id:shokaki_2:20161227115513j:image

すた丼です。さようなら。

水はヤバい

 12月も半分を過ぎて、段々と年の瀬の雰囲気が辺りに漂うようになってきた。

 

こないだ、と言っても1ヶ月以上前の話だが、駅の近くにある定食屋へ行った。その定食屋は小さな雑居ビルの二階にあり、一階には某家系ラーメンチェーンが入っている。リーズナブルな価格となかなかのボリューム、おばちゃん数人でせっせと働いている様が主に学生達に支持されている。

頻度こそ高くないが、私も2ヶ月に1度くらい利用する。個人的に豚キムチ定食(大体そんな名前)がおいしくて好きだ。また付け合わせによく分からないパサパサのナポリタンみたいなのが付いてくるのだが、それはよく分からない。また別の話だ。

 

ここで話を畳んでしまうと定食屋さんについての情報量の足りない紹介で終わるのだが、本題はここではない。

この定食屋の水はセルフサービスなのだが、ここでは何故か店の水を飲むことをやたらと薦められる。いや、直接店員に言われたりするわけでは無い。店の至る所に店で提供される水についての宣伝文句がラミネート加工されて貼ってあるのだ。

 詳しくは、こんな感じの文言。

〇〇(店名)の水をたくさん飲んでください」

「〇〇の水を3杯飲んだドロドロ血液の人の20分後の写真です」

キューバの医療でも使われています」

飲食店にこんなこと書いてあったらビビらないか?とりあえずとにかく、この店で出される水はすごい。らしい。飲むと血液がサラサラになる(らしい)。先程チラッと述べた写真には、血球「らしき」粒が沢山くっついた写真と、それらが離れ全体に広がっている様子が写っていた。血液がサラサラになったという説明だろう。ここでいらぬ親切心を働かせて自作のイメージ図を描いてみたので見てもらいたい。

 

f:id:shokaki_2:20161219234259p:image

ドロドロの方。藻みたいだ。

 

f:id:shokaki_2:20161219234353p:image

そしてこちらがサラサラの方。

 

 また「キューバの医療にも使われてる」とのこと。具体的には「ワクチン、ホメオパシー治療などに利用されている」らしい。水が?????

なんでもこの水、ある科学者が考え出した「調和度の高い水」なんだという。どういう訳なのか分からないが、この水の考案者は病気になっている現代の人間・自然・地球までもを浄化する計画を立てているらしい。壮大すぎて全体を呑み込めない(水だけにね)。

 

f:id:shokaki_2:20161220021312j:image

店の外に貼ってあった張り紙。地球は病にかかっているらしい。またこの他にもこの水の考案者が「お母さん」と呼ばれる上位存在から天啓を受けた話や、自然を浄化する計画の詳細が書かれた紙も配布目的で置いてあった。すごくないか?

 

ここまで書いて思ったことだが、何故水はスピリチュアルな要素が付加されやすいんだろうか。インターネットで少し調べてみると、色々な能力を秘めたありがたい水の宣伝サイトが見つかる。一番笑ったのは、干からびた金魚を水に浸すと、元どおりになる、というもの。生命を与えてしまうのか……。

やはり、水が人はもちろん、他の動物や植物の生命を繋ぐ必要不可欠な存在だからだろうか。少なくとも人はその程度の差はあれ、水に対してありがたみを持っている。その畏敬の念が特別な効果を持つ(ように見えるだけのことが多いが)水を生むのかもしれない。

さて、肝心の実際に水を飲んでみた感想だが、普通においしい水だった。しかし、特に何か特別な効果を実感したりはしなかった。そもそも、血液がドロドロになる一要因として水分不足があるので、これは特別な力でも何でもないのでは……

 

話が纏まらない。他にも色々と書きたいことがあるが、風呂敷を広げすぎてしまう気がするのでここで終わりにしよう。特に何かを糾弾したいわけでもなく、ここのお店の水、なんかすごいぞということを言いたかった。

ただし実際にこの水の効果に科学的裏付けがあるかと言われると、答えはノーになるだろう。認知度の低さ、学術的な支持を受けていないことから分かるように、これはインターネット等で散見される「疑似科学」の域を出ていない。最近、国民生活センターの調査を受け「ただの水」と斬り捨てられた水素水も、これに似ている。わりとホットな話題なのでは。というか、なぜ水素水はヒットしたんだろうか?気になるので知っている人は教えて欲しい。

 

いつか、財布に余裕があったらスピリチュアルな水を買って飲んでみたいなと思う。そのいつかはしばらく来なそうだが。