夏が終わったので

堀口です。

終わっちゃたな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、夏。

 

私は夏が一番好きなので、今の夏でも秋でもないような微妙な季節がやけに悲しく最近は気を抜くとボーっとしてしまいます。ほんの悪あがきのつもりで半袖短パンで過ごすけど、もう夜になると少し肌寒いです。

思えば今年は夏らしいことも無く、海にも行ってなければ山で虫取りもしませんでした。ロックフェスはチケットは取ったけど行けなくなっし、花火も見てないしもっと言えば日焼けすらしていない。なんなんだ……

 

そんな落ちた気分を切り替えるためにも、自分なりに音楽から夏を振り返ろうと思います。

好きな音楽を聴いていると「あの曲はあの頃によく聴いて、その時はこうだったな……」となりませんか?それが好きです。なので今後の自分のためにもたまにこういうのをしようと思います。

あと何かオススメのやつ教えてほしい。

 

 

 

今年の夏はスチャダラパーをよく聴きました。“レッツロックオン”もかなりハマって、やたら口ずさんだりした。

 

 

 

ラッパーの環ROYが新しく出したアルバムの代表曲(?)。どんどんオシャ感出てくる。こういうのMV含めて好きですね。

 

 

 

こういうピコピコしたサウンドの曲って海外の人にウケてるイメージがありますね。

 

 

 

「今更か?」って感じですが、ジャミロクワイ。「Automaton」も良かった。

 

 

 

今までなんとなく岡村靖幸を避けていたんですが、私がバカでした。めちゃかっこいい〜〜!

 

 

 

正直このMVも訳わかんない部分もあるんですが、それでも小沢健二の復帰第一曲目というわけで何度も聴きました。全部意図があるんだろうな〜と思います。

 

 

 

秋ですね。

行って来ました

堀口です。

先日、東北の宮城と岩手まで旅行に行ってきました。

関東で生まれ育ち、特に最近まで大きな旅行もしていなかった私にとって東北はあまり馴染みの無い地域でした。ですが今回行ってみて、めちゃめちゃ良いところだと思ったので、旅行の様子をザッと紹介したいと思います。

 

〜宮城編〜

 

f:id:shokaki_2:20170908190640j:image

 

まず仙台駅に到着。めちゃ広い!(これはちょっと失礼だけど)自分が想像していたよりも都会で驚きました。でかいパルコとかあった。

 

f:id:shokaki_2:20170908190817j:image

 

駅から少し離れアーケード街に入ってみると、なにやら見覚えのある文字列が。仙台は「ジョジョ」4部の舞台である「杜王町」のモデルなんですね。道行く店の入り口にジョジョのキャラクターの装飾があってワクワクしました。

 

f:id:shokaki_2:20170908191131j:image

 

ちゃんとジョジョもいました。

 

f:id:shokaki_2:20170908191429j:image

 

 仙台に着いて真っ先に飲んだのがずんだシェイクです。ずんだの風味と甘さが最高でいくらでも飲めます。この後もう一本飲みました。

 

f:id:shokaki_2:20170908191628j:image

 

「ひょうたん揚げ」というグルメで「阿部蒲鉾」のかまぼこをアメリカンドッグのような衣で揚げた食べ物です。食べ歩きに最適なビジュアルでなかなか美味しかったです。が、このひょうたん揚げ「棒に《当たり》と書いてあったらもう一本もらえる」仕掛けがあり、しかも見事当ててしまいました。二本はさすがに腹に応えます。

 

f:id:shokaki_2:20170908192259j:image

 

もちろんですが、牛たんも食べました。仙台はつ牛たんは「利久」です。こんなに厚いの!?と唖然とするボリューム!添えてある南蛮味噌もご飯にあって最高〜!!めちゃめちゃ腹いっぱいになります。

 

f:id:shokaki_2:20170908192511j:image

 

他にも「利久」にはモツ煮や牛たんユッケなどがあり、どれも文句なしの旨さでした!仙台最高ですね………

 

f:id:shokaki_2:20170908192633j:image

 

f:id:shokaki_2:20170908192649j:image

 

食べてばかりではないです。ちゃんと観光もして来ましたよ。日本三景の一つ(初めて知った)松島にも行って来ました。

 

f:id:shokaki_2:20170908192749j:image

 

写真の撮り方が下手くそなのですが、すごく綺麗な景色でした。ここはお店の三階なんですが、一階では笹かまぼこの手焼き体験が出来ます。

 

f:id:shokaki_2:20170908193005j:image

 

f:id:shokaki_2:20170908193018j:image

 

松島の湾を一周するクルーズにも乗りました。めちゃ風が気持ちいい!逐一通過する島の説明を音声でしてくれるので飽きることなく一時間過ごせました。

 

f:id:shokaki_2:20170908193158j:image

 

カモメも途中飛んで来ました。

 

f:id:shokaki_2:20170908193233j:image

 

最後は海鮮料理が並ぶ中、焼き肉重を食べて仙台へ(海鮮が食べられないのです……)。

 

〜岩手編〜

 

岩手で何をしていたのか?と言われると、ただ飲み食いしていました!と答えざるを得ません。

 

f:id:shokaki_2:20170908193636j:image

 

岩手に着くや否や、駅のすぐ近くにある焼肉屋「ぴょんぴよん舎」で焼肉と冷麺を食べました。歯ごたえのある麺と旨さが溢れるスープが病みつきになる〜!!

 

f:id:shokaki_2:20170908193823j:image

 

岩手には「ベアレン醸造所」というビールの醸造所があり、岩手駅地下にそのビールが飲める直営店があるんです。

 

f:id:shokaki_2:20170908194021j:image

 

その中でも人気の「ベアレン クラシック」を飲みました。本場ドイツと同じ作り方をしている本格派です。香ばしい風味がたまらね〜〜。ソーセージとの相性も抜群でした。

 

f:id:shokaki_2:20170908194226j:image

 

お店を変えて「銀河高原ビール」も飲みました。甘いような香りがして飲みやすい!

 

f:id:shokaki_2:20170908194615j:image

 

このビールを飲んだ居酒屋はおつまみも安くて美味しかったです。

 

f:id:shokaki_2:20170908194651j:image

 

この後も散々飲んだ後、焼肉屋さん「盛楼閣」の冷麺で締めました。一日に二冷麺。

 

f:id:shokaki_2:20170908195146j:image

 

盛岡から仙台に戻る前に、ラスト冷麺しました。またぴょんぴよん舎。食べ過ぎでは?

ちゃんとお土産でも冷麺買いました。

 

f:id:shokaki_2:20170908202053j:image

 

最後の仙台メシは「伊達の牛たん」芯たん定食!めちゃくちゃ分厚くい牛たんの旨さが爆発していました……もうダメだ……

ちなみにご飯はおかわり自由なんですが、「大盛りで!」と勇んで注文すると茶碗にめちゃ大盛りで出てくるので注意です。お腹はち切れそうになりました。

 

f:id:shokaki_2:20170908202328j:image

 

最後に帰りのバスまでの待ち時間を利用して、サイゼリヤでワインを飲みました。500mlってわりと多いな。

 

……

 

以上です。感想ですが、飲んで食ってばっかりの旅行だったなという感じでした。どれも美味しかったな〜。

思ったことなんですが、今回行った宮城も、岩手も思ったよりも都会なのに東京のようなうるささが無く静かで過ごしやすい所だなと思いました。

あとジメジメしてないのが驚きでした。暑いのに気持ち悪く無いのなんて関東では考えられない。

 

今回はかなり行き当たりばったりで行った旅行でしたが、次に東北に行く時には色んな所に行きたいな〜と思いました。中尊寺とか行きたいし。さんさ踊りとか見たい。

 

 また旅行行きて〜〜

 

f:id:shokaki_2:20170908203203j:image

 

全然似てないブルゾンちえみです。「なりたくない?」じゃあないんだよ。

 

しょうたくん

先日、車でカニを轢いた。「何を言ってんの?」と思うだろうが、文字の通りです。

私は車をほぼ毎日、家から駅までの10分間の道のりで使う。先週の朝のことだった。

別に急いでいなかった私は、ゆっくり運転しながらいつも通り駅まで向かっていた。いつも通りの路を曲がり、いつも通りの小道に入った。

 

あ、カニがいる。

海に近い川が流れている私の住んでいる地域では、カニがよくいる。だいたいのんきに道を横歩きしている。そして「どこから出て来たの?」と言いたくなるようなところにも出てくる。種類は分からないけど、全体に茶色がかったフォルムに赤いハサミを持っている。調べたこと無かったけど、何ガニなんだろうか。

そういえば、私の親は「車を運転中に動物が出て来て、避けられなかったら迷わず轢きなさい」と言っていた。なんなんだこの畜生野郎は、と思うが真っ当な意見だ。スピードを出しているのに無理に避けたりしたら事故になりかねない。だけど、動物嫌いの母が言うと何だか別の意図が含まれているような気にもなる。

 

話は戻って、カニ。

「ああ、カニがいるな」と思った私はゆっくり前進させ、ヤツが車の真ん中に来るように調節し車の下にくぐらせた。今頃車体の下で胸を撫で下しているだろう。

ある程度通過したあとに「良かった〜!じゃあなカニ」と思ってバックミラー越しに後ろを見ると、

ペシャンコになったアイツが地面に広がっていた。

 

カニといえど、かなりショックだった。その後一日、今はもういないそいつの事を考えた。何ガニなんだろうな……そうしていたら、ふと地元で昔から友達のしょうたくんの事を思い出した。

しょうたくん。

保育園から中学校まで一緒だった彼は大人しく、あまり自分から主張するタイプの子ではなかった。お祭りに参加したり、同じスイミングスクールに一緒にバスで通った思い出がある。

 

話は飛ぶが『20世紀少年』というマンガがある。過去に映画化もされた名作だ。

映画化された当時小学生だった私とその友達は、20世紀少年にハマった。それはもうメチャクチャにハマった。よげんの書も作ったし、タイムカプセルも作って家の庭に埋めた(段ボールで作ったので、浸水がひどく次の週には掘り返されてしまった)。

そんな「本格科学冒険漫画」に毒された私たちは、次にリアルの友達を作中のキャラクターに当てはめ、オリジナルのシナリオを作り出した。

こいつは太ってておっとりしてるからマルオだな、メガネかけてるからヨシツネだよなどと、ほぼ外見だけの適当キャスティングだった。ちなみに私はオッチョだった。(言い出しっぺなので好きなキャラクターになることが出来た)。

そこでさっきのしょうたくんだが、その中でも彼は名前の付いていないオリジナルキャラだった。そして彼の役回りは「暴走する巨大ロボットのキャタピラに轢かれて死ぬ」だった。友達がしたキャスティングだが、さすがの粗雑さにゲラゲラと大笑いした記憶がある。

 

そんな、キャタピラに轢かれた彼が、朝に私がペチャンコにしてしまったカニと重なった。彼、元気してるのかな。

友人に連絡をし、彼の現況を聞く。今はたこ焼き屋でアルバイトをしつつ、学校に通っているらしい。今度その店に行ってみようかしら。

追いついて欲しい

顔が怖い、とか老けているとよく言われる。

中学生の頃、高校生の頃。秋口に入りようやく打ち解けたような人達に「最初は怖くてなかなか話しかけられなかったよ〜」と何度も言われた。

 

そんなにか?

小学校の頃、映画を観ようと一人で券を買おうとしたら「一般のお客様でよろしいですか?」と言われたことがある。

 

本当にか?

当時は部活等の関係で髪型もずっと坊主だった。だからそんなに怖く思われていたんだろう。

今は髪も伸ばしているし、大丈夫でしょう!そう考えていたら、先日バイト先のわりと仲の良い人に「最初は怖かった」と言われた。

 

そうですか……

そんなエピソードを思い出すとキリが無い。

こんなこと前々から気づいていたのに、ずっと目を背けていた。坊主だから怖く見えるのではない。老け顔なのだ。それでいて表情も暗いから周りからは怖い奴だな、と思われる。

母から「あんたは北島康介に似ててかっこいいね」と言われて育ったさわやかな自分は虚像だったのだ。全然似てないし。それも北島康介がテレビに出なくなったらとんと言わなくなったし。ノリで言ってただけだろ。

表情が固い、暗いのも良くないと思う。いや、正確に言うと、口角が上がらないのが良くない。笑いはするのだけど、口角が180°から上を向かないのだ。ふと街中で鏡を見るとへの字を描いている。

人を見た目で判断するなとよく親から言われたが、それは本当に正論だと思う。でも街中で顔が怖い人が歩いてたら、刺青が入った人がこっちを見ていたら避けてしまうよな。

こんな事ばかりだから、いつ年齢が顔に追いつくのだろう、とふと考えることがよくある。それは10年後か、はたまた20年後なのかは分からないが、私はその時を心待ちにしている。見た目のせいでコミュニケーションに障害が生まれて欲しくないし、お若いですね、と言われたい。本心じゃ無くて良いから言って欲しい。

 

そんな事を考えながらブログを書いていたら、中学生の頃電話に出た時のことを思い出した。電話の相手(確か保険会社の営業だったと記憶している)に「世帯主様でいらっしゃいますでしょうか?」みたいな事を言われたのだった。もしかして声まで老けているのだろうか。

ジジイになるのが楽しみだ。別にそうでもないけど。

 

めちゃくちゃポジティブなカニがいたら面白くないですか?

経過観察

最近眼鏡を買った。

 

f:id:shokaki_2:20170801144854j:image

 

これです。

特に視力は悪くないのだけど、前々から眼鏡に対する興味と、かけることによって醸し出される知性溢れる感じには憧れがあった。 

 

どうせ伊達だから、という気持ちも無くはないけど、せっかく身に付けるものだからと思い、ちゃんとしたお店でちゃんとした良いものを買った。眼鏡の名産地福井県鯖江市で作ったことがウリで、数千円とかじゃない。

「これ買います」とお店の人に言ったところ、展示品はアクリルレンズをはめているらしく、別途レンズ代もかかると言われ思った以上のお金が財布から飛び立った。目が悪くなったらこいつをちゃんとした眼鏡として使おう。

店員さんから受け取り、さっそく眼鏡をかける。

 

うん。なんか似合ってない。

というか、まだ眼鏡をかけている自分に慣れていない。

 

街中でもファッション眼鏡をかけている人は度々見かける。そういう人はすぐ分かるし、なんか浮いて見える。

すごく自分は出来るだけそんな風に見られたくない。まあ自分もファッションのつもりなんだけど。

一方で、眼鏡がすごくその人の顔に馴染んでいる、「いいな」と思う人もいる。それは多分、常に眼鏡が生活と密接で、身体の一部と化しているからだと思う。

 

自分もそうなりて〜。

 

そういうことで、これから出来るだけ、毎日眼鏡をかけることにした。せっかくなので、それによって自分にどんな変化が出て来るのか、周りの反応とかをここに書いていこうと思う。

 

 

7/30

夜に友人二人に会うため家を出た。友人の一人に「眼鏡かけてたっけ」と聞かれた。まあそう反応するよね。試しに彼にかけさせてみたら自分よりも似合っててショックを受けた。もう一人の方にもかけさせてみたけど、やっぱり自分よりも似合っていた。

 

7/31

同じく夜に人と会う用事があったので出かけた。彼は特に彼自身や他人の容姿に興味がないらしく、眼鏡に関して特に言及はされなかった。言及されないのはそれはそれで悲しいかもしれない。

 

8/1

星野源のエッセイを読んだ。彼はコンタクトだけでなく、眼鏡をかけるだけでも疲れて頭痛になってしまうらしい。なるほどそんな人もいるのか、と思った。その後も電車に乗り本を読んでいたのだけど、確かに眼が疲れるし、頭の奥が痛い気がする。もしかしたら…………いやいや!眼鏡のせいにすまい!などとウンウン考えていたら、寝過ごした。

 

8/2

アルバイト先に眼鏡をかけて行った。「おれそういう眼鏡似合わないんだよね〜」と言った社員さんの顔が少し可愛く見えた。めちゃくちゃ怖い顔の男なんですが。

私は汗っかきだ。今みたいな季節に歩くと玉のように汗がしたたる。汗をかくと眼鏡がずり落ちまくることに気づいた。眼鏡を常にかけている人の気持ちが少し分かった。

 

8/3

眼鏡をかけてアルバイトに出勤したら先輩に「ハリーポッター」と一言言われた。今日は初めて「眼鏡が曇る」という経験をした。

 

8/4

最近自分の生活がかなり単調だと思った。それはそうと毎日猫を見かける。

アルバイトの先輩にふざけて眼鏡を食洗機にかけられそうになった。熱に弱いですよ。

 

今後も追記を続けていくつもりだ。

電車雑記

 

毎日電車を使う。

電車に乗ると、毎日沢山の人がこの高速で移動する鉄の箱を利用していることを実感する。毎日のように見るあの顔や、初めて見る知らない顔。皆それぞれに「これからすること」があって、その為に電車に乗っているのだ。

自分はそんな電車が割と好きだ。空調が完璧とは言えないが、規則的な揺れに身を任せていられるあの空間は他に代替できるものは無いと思う。

個々が同じ空間にあるのに、それぞれがそれぞれのプライベートを守り、パーソナルスペースを作り上げている。そんな静かな緊張感の流れるところも悪くない。

 

予期せぬ雑音はその緊張感を急激に高める。誰かが降り際に座席の下に捨て置いた空き缶がコロコロと壁際に転がる。しばらくするとまたコロコロ、反対側に転がっていく。誰が捨てたんだ!誰か捨てろよ!視線から伝わってくるイラつき。自分が缶を捨てたわけでも無いのに何故か申し訳無くなってくる。すみません。すみません。僕はこんな小さな気遣いも出来ない小さい男なんです。

そんなあるか無いかも分からない圧に耐えきれなくて、私はしばしば空き缶を拾ったりする。

えらいでしょ。

 

電車内のイライラと関連して、数年間考え続けて、未だ悩んでいることがある。

心して聞いてほしい。

イヤホンから音漏れしている人、なんなんだ?

これである。これは本当に理解し難い。

 音漏れをしている奴に限ってドンドンシャリシャリしたロック調の音楽ばかり聴いている気がする。ある一定のくくりの中の人ばかりがこういう事を起こしているのかと錯覚さえしてしまう。せめて詩吟とかが聞こえて来たら許せるのに。あったらそれはそれで恐怖体験になるが。

 

何故音漏れがするのか?これに関しては、いくつかの理由を考えている。なぜなら、音漏れしている人に遭遇する度に考えているから。音というのは思考を阻害するし、無理矢理頭に入り込んで来る。

理由は以下の通りだ。

 

・単純に周囲に聞こえるくらい大音量で曲を聴いている

・ちゃんとイヤホンが装着できていない

・耳が悪い

・音漏れしていることに気付いていない

 

単純に周囲に聞こえるくらい大音量で曲を聴いている

最もあるだろうな、というものだ。中学の頃友人に居ませんでしたか?「おれ爆音じゃないとダメなんだよな〜!」と言ってアホみたいな音量で聴いていた奴。そいつがそのまま大きくなり、電車でやらかすのだ(偏見です)。

一応、試しにiPhoneで出せる限りの音量で音楽を聴いてみた。勿論音漏れはする。だが一つ問題なのは、装着して聴けない、ということ。うるさすぎるのだ。ロックバンドのライブ演奏を最前列で聴くよりもずっと身体にダメージを与えるような音量だ。

 

ちゃんとイヤホンが装着できていない

年寄りタイプの音漏ラー(今作りました)に多いのではないか。密閉型のイヤホンや、iPhone付属のイヤホンは耳にしっかりはめないと音漏れがする可能性が高い。装着できて居ない→よく聞こえないぞ?→音量を上げる→音が漏れる。この構図だと思う。

 

耳が悪い

これに関しては病院行ってくれ。他にも生活に支障きたしてるだろ。電車なんか乗ってお出かけする前に医者行ってくれ。んでその後サイゼリヤかなんかに寄ってミラノ風ドリア食っておいし〜してくれ。

 

音漏れしていることに気付いていない

バカ。

 

書いててバカらしくなってきた。早く帰って星野源見よ。

 

逃げ恥だ〜

 

 

わ〜〜

 

 

恋ダンスだ〜〜

 

 

わ〜〜

ダイソーには水素水も売っている

堀口です。どうも。

 

 

皆さん、水素水はご存知でしょうか?

 

 

水素水・・・水素水(すいそすい)は、水素分子のガスを溶解させた水であり、無味、無臭、無色である。水素は水にごくわずかに溶ける。

Wikipedia「水素水」より)

 

 

はい。一時期流行ったアレです。国民生活センターが実験の結果「ただの水じゃね?」と言い捨てて話題になったこともありましたね。

 

 

私も同じような立場で、エナジードリンクと同じくらいの価格で売っている水素水なんて、買う気しね〜〜と思っています。水素水って何か高いですよね。

 

 

しかし、そんな高い!という難点をクリアしたものがあることを私は発見しました。

 

 

それはかの有名な百円ショップダイソーで売っていました。

 

 

これがダイソーの水素水だ!

 

 

f:id:shokaki_2:20170608140827j:image

 

そんな訳で買って来ました。全部で4種類あります。背景が生活感丸出しなのはすみません。

 

 

右二つはスタンダードなタイプで、左二つはちょっと変わったタイプ。価格はどれも税込108でした。安いね!

 

 

では、味はあるのか?果たして体に良い効果があるのか?実際に飲んで確かめてみましょう。

 

 

f:id:shokaki_2:20170608141317j:image

 

 

まず一つ目。スタンダードな王道の水素水ですね。水素水の漫画があったら主人公という立ち位置でしょうか。

 

 

f:id:shokaki_2:20170608142043j:image

 

コップに入れ替えてみました。見た目はただの水。いつも飲んでいるペットボトルの天然水と何ら変わりはありません。

 

 

味もただの水でした。缶入りの水を108円で買った。終わりだ。

 

 

 

 

 

 f:id:shokaki_2:20170619102535j:image

 

二つめ。コラーゲンとヒアルロン酸が入った女性の肌にも嬉しいタイプ。その上ピーチ味なんです。さらに水素まで入っているんだからも〜〜う大変!!女性の味方!!!!

 

 

f:id:shokaki_2:20170619102745j:image

移し替えてみた 

 

 

 

 f:id:shokaki_2:20170619102801j:image

 

コップに注いで見ると……ちょっと色が付いていますね。セブンで売っている紙パックの桃水と似ています。昔よく飲んだなぁあれ。

 

 

味は桃の天然水を5倍くらいに薄めたみたいな味でした。不合格。

 

 

 

 

 

f:id:shokaki_2:20170619103135j:image

 

ここに来て大穴登場です。キャップ部分が見たことの無い形になってる。

 

 

f:id:shokaki_2:20170619103320j:image

なに……?

 

ちょっとよく分からないです。新SENてなに???

 

 

f:id:shokaki_2:20170619103444j:image

 

裏面を見て分かったことですが、どうやらキャップを開けると水素水が出来る仕組みらしいです。説明を見る限り粉末が重要そう。水素が粉末に……?

 

 

f:id:shokaki_2:20170619103742j:image

 

開けてみましょう。

 

 

f:id:shokaki_2:20170619103813j:image

 

えっ

 

 

f:id:shokaki_2:20170619103933j:image

 

これってもしや……

 

 

f:id:shokaki_2:20170619104016j:image

 

水素入った……?

 

 

水素の粉末ってこんな色してるんですね。何これ?

 

 

f:id:shokaki_2:20170619104314j:image

 振ってみましょう

 

 

f:id:shokaki_2:20170619104356j:image

ちょっと残ってる……

 

 

まさか科学がここまで進歩しているとは思いませんでした。水素水、もうその場で生成できるようになっていたんですね……!メーカーさんには是非水素を粉末化させる方法を教えて欲しいと思いました。

 

味は不味かったです。

 

 

f:id:shokaki_2:20170619104551j:image

おつかれ

 

 

 

 

 

f:id:shokaki_2:20170619104640j:image 

 

これが最後です。青汁×水素という、未だ嘗て無い心配なコンビ……。これも粉末でその場で作るタイプですね。

 

 

f:id:shokaki_2:20170619105039j:image

 

恐る恐る開けてみたら、粉末を取り出せました。これが水素青汁の素。高尚な感じさえして来ました(本当にそう見えたら掛かりつけの病院に行くことを勧めます)。

 

 

正直もう期待など微塵も持っていないですが、ここまで来たので仕方ない!飲んでやろう!

 

 

f:id:shokaki_2:20170619105231j:image

振れ!

 

 

f:id:shokaki_2:20170619105423j:image

 

コップに移し替えるとこんな感じ。青汁ですね。

 

 

で、肝心のお味の方なんですが、森の奥の沼みたいな味がしました。不合格です。

 

 

f:id:shokaki_2:20170619110201j:image

 産卵期に入って、めちゃくちゃ気が立ってるおじさん

 

 

さようなら。